FECOMからの最新情報 FECOM's News

News FECOMからの最新情報

FECOMからのお知らせ

2018年04月12日

【新着】教授会員に所属する一般職業講師の「技能及び専門的知識」の保有判定を行うための「熟練技能検定会議」のご案内


平成30年4月1日より、公的助成金制度対応研修の「受託講師要件」が厳格化され、当会においも、その改正規範に則り、その技能の保有を判定(推薦)する機関として、一般社団法人全国教授会連合会(全教連)を指定し、全教連の内局に、「職業講師検定事務局」を設置し、当会による「推薦付与の可否の判定」を委託するとともに、その判定のための、新任講師の熟練技能検定会議を実施することとしました。

本会議では、同時に、公的助成金制度活用に伴う、厳格な講義、行動「作法」を特訓いたします。
本年度より、公的制度対応研修を受託する新任講師については、本技能検定会議にて「受託講師資格として求められる」技能の判定と、講義作法、申請作法の習得を修了しなければ、推薦承認を行わないこととしましたので、平成30年8月以降、毎月中旬に那須カンファレンスセンターにて「熟練技能検定会議」を開催しますので、新任講師の推薦判定の申請をする前に、必ずご出席をお願いします。

下記の詳細案内は、「総会等の予定」欄に告示しておりますので、ご確認をお願いします。


■平成30年度定期職業講師技能検定会議開催日程、要項及び出席申込書

■熟練技能検定会議開催会場のご案内

■本検定会議は、一般財団法人全国中小企業等協同組合連合財団の承認研修として開催され、受講料について所定の助成金の受給が可能です。

→ お知らせ一覧へもどる

FECOMの活動についてご不明な点等、お気軽にご相談ください。